スプレー好みの日焼け止めをケチケチしながら使ったらまだらに日焼けしてわめきました。

日焼け止めはメークの基盤として使っていたので、長らくジェル好きなタイプを使っていたんです。でも、この間ドラッグストアのショップに行われていたガラポンでジェット好きなタイプの日焼け止めが当たったので使って見ることにしたんです。よく振ってから取り扱う時と、表情に付ける時はコツにつけてから塗り付けるように書いてあったんですが、生まれつきがケチっぽい気質のわたしは、その二つの助言を守らないで使ったんです。だって、表情に塗る前にコツにつけたら、コツに置き多分水の泡だと思ったし、よく振ったらなんだかその分余計に減ってそうな気がしたんです。当たったのが最近年の夏場の旅立ち間だったので、活かし始めて数ヶ1箇月たちました。ところが、どうも現在鏡を見ると自分の表情が妙な感じがするんです。灯の命中塩梅でいつもと違って見えるのかなと思っていたんですが、どうもそうではなかったようです。スーパーのきれいな便所で、メーキャップを直していたところ自分がまだらに日焼けしてあるという過去を発見してしまいました。デコルテの部分の日焼け止めが汗で落ちてそこだけ日焼け講じるというのはよくあったんですが、顔面は初だ。いつも右手からジェットしていたのが丸わかりというかよく振らずにジェットしていたので、右手だけ日焼け止めが薄かったようで、ジェットを賭ける範疇が早いほどに日に焼けています。目下ファンデーションさえ汗で落ちなければ、ごまかせますが、最近年の夏は無理強いすっぴんになれないだ。マッチアラームで出会いを求めたいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ